Column お役立ちコラム

【健康】「あくび」を侮ってはいけない!(東日本橋店)

様々な場面で出てしまう「あくび」。
仕事中や運動中、食事後など、ほとんどの方が経験した事があるでしょう。
今回はそもそもあくびとは何なのか、なぜあくびが出るのか、を解説していきます!

あくびとは?

あくびは、眠たいときなどに不随意に(反射的に)起こる、大きく口を開け深く息を吸う呼吸動作を指します。しかし、現在も詳しい発生のメカニズムは解明されていません。
あくびは、覚醒と睡眠の境界から覚醒に向かうときに起こり、具体的には

  • 眠い時、過度に疲れているとき
  • 退屈なとき
  • 極度の緊張状態
  • 寝起き

の時に起こります。また、偏頭痛発作の予兆期ならびに頭痛期の症状のひとつでもあると言われています。

あくびが出るのは「酸欠」だけが理由ではない!?

今まであくびは、脳が酸欠状態になると大量の酸素を脳に送る為の生理現象とされてきましたが、最近では違う見解も出てきています。それは

「脳の温度を下げる為」

脳は普通に生活している限り酸欠になることはほとんどなく、脳出血や脳梗塞、高山病の時にのみ起こり、あくびをするタイミングは、眠いが眠ってはいけないと考えている時だけです。食後等、脳の温度が下がっている時に人間は眠くなるが、眠ってはいけないと考えていると脳の温度を無理やり上昇させます。

しかし、脳は温度が39度以上になると脳細胞が死んでしまうため、それを抑えるべく冷却させます。吸い込んだ空気が喉付近の血管・血液を冷やし、冷えた血液が脳に送られることで脳の温度が下がります。あくびにはそんな役割もあるとされています。

トレーニング中にあくびが出るのはなぜ?

筋力トレーニングをすることにより、使用する筋肉へ多くの血液が流れます。この血液中には赤血球が含まれており、この赤血球は酸素と結合し、酸素を全身へと供給します。
よって筋力トレーニングをすると、脳など筋肉以外の場所へ流れる血液の量が一時的に減少し、身体が酸欠の状態に加え過度な緊張状態となり、このような現象が起きてきます。

ただし、あくびが出る事は決して悪い事ではないので、トレーニング中は呼吸を止めずに行い、インターバルを取り呼吸を整えながら行っていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
あくびは自分では気付いていない身体の不調を訴えるサインでもあります。
疲れている時は昼寝をしたり、緊張している時はリラックスをしたりなど今一度自分の身体と向き合ってみてください。

★TTBリモトレ★
無料会員登録で動画見放題!
筋トレ動画や、ストレッチ動画を毎週更新中です!!

https://ttbrimotore.com

★TTBパーソナルグループ 4店舗★
初回体験2,420円(税込)で実施中!!各店舗詳細はこちらをクリック

◆ジム
八丁堀2号店 7月OPEN!
菊川店 5月NEW OPEN!
https://ttb.jp/shops/kikukawa.html
・東日本橋店
https://ttb.jp/shops/higashinihonbashi.html
・森下店 ペアトレキャンペーン実施中!!
https://ttb.jp/shops/morishita.html

・八丁堀店
https://ttb.jp/shops/hacchoubori.html

◆整骨院
・人形町店
https://www.ttb-seikotsu.com/