Casestudy 事例

【事例No.34】
A・O様(50代女性・主婦)の事例

トレーニング風景
【お悩み、症状】
「全身の不定愁訴を改善したい」
・肩こり、首こり、上肢の神経症状
・下半身の重だるさ、神経症状(立っているだけでも辛い)
【来院のきっかけ】
ご主人(TTB会員)のご紹介
加圧トレーニングに通っていたが、効果が感じられなかったので環境を変えたいと思った
【目標】
・ 下半身の重だるさの解消
・ コリがない体作り
・ 筋力、体力アップ
【利用コース】
スタンダードプラン 24回券
【ご利用頻度】
週2~1.5回
【ご利用期間】
2019.9.13~
【お悩み、症状の変化】
  1. 1. 下半身の重だるさが減少傾向
  2. 2. 重量が上がり、筋力UPして来た実感がある
【担当トレーナーからのコメント】
A・O様は、坐骨神経症状からくる下半身の重だるさ、でお悩みでした。通常、慢性的で経過の長い神経症状は改善も段階的で長期を要するケースも多いです。A・O様にもそのことを説明した上で、TTBで週2回の整体とトレーニングと自宅でのセルフストレッチを継続頂いています。今日現在で約3ヶ月が経過しましたが、徐々に下半身の重だるさ(神経症状)が改善してきました。

また、肩こりや首から上肢への神経症状に対しても、姿勢改善のための背中を中心としたトレーニングと、その他全身の筋力向上を目的としたトレーニングを継続していきます。

まだまだ各症状の波はありますが、継続して取り組むことで改善が見込めると思います。トレーニングフォームは上手な方ですので、取り扱い重量も徐々に向上してきました。